パソコンやハードのことhotmail, Liveメール2012

以前からLiveメールでHotmailを受信していたのですが、2~3日前に突然Hotmailのアカウントだけ
受信エラーが起こるようになって、メールサーバーの障害でもあるんだろうか思っていたら
元々今年6月辺りからHotmailの仕様変更で、以前のプロトコルだと受信できなくなるから
新しいメーラー使うか捨てるかどうにかしろって言う話らしい。

順次変更なので6月くらいの段階だとまだウチのアカウントは変更されていなかったけど
つい最近それが遂に変更されて、今までの送受信設定だと受信できなくなったらしい。

とは言え、メーラー変えるにしてもWindows10のメールソフトはどんなアカウント追加しても
スタート画面から次に行かないし、その問題を調べて一度メール入れ直しても直らないから使いたくないし
Outlookは2007以降持ってない上に、そもそもOutlookはメールソフト単体としては使いづらいので
やっぱりWindows Liveメールが一番使いやすいから、Liveメールのままでどうにかしたいのである。

パソコンやハードのことWindows10

ウチの環境ではWindows7から10にアップグレードしたので、
規定のアプリもそのまま引き継がれていたから気付かなかったんだけども
どうやらWindows10を新規インストールするとタイトルにもある
「Windowsフォトビューアー」が使えなくなっているらしい。
具体的には画像ファイルをプレビューしようとすると、
Windows10標準のアプリである「フォト」が起動してしまうのである。
ぶっちゃけこの標準アプリはスマホアプリを意識した感じでとても使いづらいのである。

なので画像ファイルを開く規定のアプリを変更すればいいのだが
画像ファイル右クリックからの「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」を選んでも
一覧の中に「Windowsフォトビューアー」が居ないのである。どこ行った。

実体はどこなのか

WindowsVista辺りから居なくなった「サウンドレコーダー」みたいに
プログラムそのものが無くなってたらどうしようもないのだが
実際はWindows10を新規インストールした環境でも
C:\Program Files\Windows Photo Viewer\の中にPhotoViewer.dllとしてしっかり残っているのである。

という訳でこいつをWindowsにヒモ付してやれば使えるようになるワケだ。

実践

ヒモ付用レジストリファイル

上記ファイルをダウンロードして適応すると、上の「別のプログラムを選択」を選んだ際に
「Windowsフォトビューアー」が一覧に列挙されるので、それを選択すれば
次回から画像ファイルはWindowsフォトビューアーで開くようになります。

たまに特殊な拡張子の画像ファイルが相変わらずフォトで開く場合があるけど、それも同様な方法で
フォトビューアーで開くようにすればおk。

逆にWindowsフォトビューアー止めてそろそろ「フォト」で開くようにしたい場合は
同様に右クリックメニューからの「プログラムから開く」で「フォト」を選択すれば次回からフォトで開くようになります。

因みに上記レジストリ内容はWindows7からアップグレードしても全く同じ内容です
一つだけ違い挙げれば
HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\printのキーに
“NeverDefault”=””
があるか無いかだけ。無くても変わらんけど。

2016年9月27日パソコンやハードのことProjectDIVA, PS4, 初音ミク

題名の通り。
初音ミクProjectDIVAF専用コントローラー
こいつはF発売時に32000円程で買ったのですが、買ったはいいものの実際の使い心地は最悪で
ボタン硬いわ、重いわ、そもそもうるさいわでほとんど使ってませんでした。

ですが、最近PS4でアーケードDIVA通称PDAFTが移植されまして 初音ミク Project DIVA Future Tone公式サイト

アーケードDIVAの仕様だとPS4コントローラーDS4じゃどう頑張っても無理があるので
一応アーケード配置に出来るこの専用コンが再び陽の目を見る事になったわけである。

ですが、PS4に繋いでみたところ全く認識しやがりません。
ファームウェアでどうこうではなく、PS4対応チップが入ってないコントローラーはPS4が問答無用で認識しないらしく
ゲームソフト側でそのコントローラーのドライバを導入されてない場合お手上げということに。
(例:PS3向けRAPはストリートファイターV等では独自ドライバで使える等)

2016年8月1日パソコンやハードのことBluetooth, PSVITA, Windows

音質はまぁ諦めるとして、以前から初音ミクProject DIVA X収録のryoさん作曲『罪の名前』の
エディットモードでのみ聴けるフルバージョンをパソコンに取り込みたいと思っていたんだけども
VITAから出力できるのはイヤホンジャックしかなくて、パソコン側もそれだとLINE入力するしか無くて
アナログ→アナログでしか録音できないから、いくらVITAのイヤホンジャックはまだ品質よくても所詮アナログなので出力は劣化
更に録音側はSE-200PCI LTDのLINE入力といえどやはりアナログ且つ、取り込み時の音量次第でもいくらでも劣化するので
ある程度納得いく音質での録音は時間かけないと難しそうなので二の足踏んでました。

ゲームに収録されてる楽曲は圧縮されてるから取り込みの音質気にしても仕方がないって言うツッコミは無しだ!
元々圧縮されてるなら更に劣化での録音じゃ目も当てれないでしょ。

という訳で、最初はVITA TVまで考えてたけど、そこまで金かけるならCD待ったほうがいいので
他の方法は無いかと模索した結果、次に挙がった候補はVITAのクレードル。
こいつも結局出力はイヤホンジャックなので、むしろクレードル経由する分劣化するのでパス。

残った手段無いのか思ったら、そいやVITAにはBluetoothついてること思い出して
こいつに音声出力のプロファイルがあれば外部のスピーカーに出力できるわけで、
結果パソコンにどうにか認識させれれば録音できるんじゃねって思いついた。

結果、VITAにはBTヘッドセットプロファイル、外部Bluetoothスピーカーへの出力プロファイルや、
他の機器からのVITA内メディアファイル再生操作用のリモコンプロファイルがある事が分かったので
(他にもキーボード用プロファイル等もあるけど使わないから関係ない)
後はパソコンにBluetoothを実装するだけ。

で、元々ウチにはSkype使用時にワイヤレスでヘッドセットを使いたかったのでUSBのBluetoothアダプタを昔購入しており
その時は実際Skypeで使ってみたらノイズだらけで話しにならなかったので、それ以降全く使ってないBluetoothアダプタを
今回数年ぶりに復活することに。

続きは追記に