イラストとか, プログラムのことWordPress, マルチサイト

ハニーウィップじゃなくてハニートラップ。
9negimiku160923
引っかかるとネギをブチ込まれます。

それはさておき、前回の予告通りマルチサイトの解説。
wordpressはblogレンタルサービスじゃなく、blogそのものを企業・個人問わず
立ち上げるのに導入も楽で非常に使いやすいんですが
デフォルトの設定だとblogは一つしか立ち上げられません。

普通はblogは一つしか使わないからそれで問題はないのですが
例えばapacheを導入していてバーチャルホスト機能を使って複数サイトを運営したりって言うような
サーバーの使い方をしている所もあるように
blogも同一ドメイン内で複数サイトを運用したいって言う環境もあると思います。
そういう時にはmovable typeの場合はデフォルトで静的サイトもblogも複数運用出来ていたのですが
wordpressではblogサイトを1つ運営するってだけでした。

これは仕様だから仕方がないと思っていたら、wordpressも実は複数運用を出来る設計になっていて
デフォルトだとそのオプションがオフになっていただけでした。

プログラムのことmovable type, WordPress, 過去ログ

過去ログの場所が

■旧

http://mayragna.net/myway/
http://mayragna.net/weblog/old/

■新

http://mayragna.net/weblog/myway/

に変更になりました。
元々過去ログも現行blogのwordpressに移行したかったのですが、過去ログ全件で1500近くあったので
もしwordpressへのコンバーター使ってもエラーが出て過去ログ壊れても困るって思ってたから二の足を踏んでいたのですが
自宅サーバーのOSをXPから10にした時にapache2も64bit、Perlも64bit版にしてweb鯖環境自体も更新してみたら
それが影響してるのかは不明だけども、過去ログのblogシステムであるMovable Typeが動かなくなってしまい
記事自体は静的phpファイルだったから閲覧は可能だったんだけど、単一記事表示の時等に
エラーが出て不具合だらけだったのでどうせMT使えないのならと
記事壊れてもと思ってwordpressに移行を決めました。

結果はご覧の通り、過去ログ2つ分を1つに統合しても何の問題も無く移行できております。
MTバージョンアップの際や、SQLのデータベースソフト変更時にもちょくちょくあった
カテゴリー割当がおかしくなる事も無くwordpressパネェ思ってます。

ただ、MTの時に使っていたテーマ『vicuna CMS』もwordpressにはあるんですが
現行blogのカスタムテーマに使われているので、そのまま適応すると過去ログも見た目が同じになってしまい
現行blog見てるのか、過去ログなのかが分かりづらくなってしまいました。
そこでMTと同じようにしたかったのですが、やはりblogシステム同士の差異のせいで
流石にサクっと同じ見た目には出来なかったので、かなり妥協して近い見た目にして諦めました。

ガッツリ差異を確認してスタイルシートを弄れば完全に一致は可能なんですが、流石に過去ログへの労力としては面倒くさかった…。

今更過去ログを見る人も居ないと思いますが、移行の際にblogpetの記事とコメントは全て削除し
管理者の自分ですら過去ログのコメントチェックはしないので
全記事のコメントは既存コメントを残し、新規コメントは出来ないようにしてあります。
万が一PT2・PT3関連とかの質問あったらこの記事にでも書いて下さい。

現状、過去ログ2つ分の統合の影響でカテゴリーがめっちゃくちゃ多くなってるので
『ゲーム』『ネットゲーム』等の似たカテゴリーを統合して、この辺は徐々に整理していきたいトコロ。

因みにwordpressは初期設定だとblogは一つしか持てませんが、マルチサイトのオプションを付けると
MTと同じくblogをいくつも持てるようになりますが、次回はその辺の備忘録を記録しようかと。

パソコンやハードのことhotmail, Liveメール2012

以前からLiveメールでHotmailを受信していたのですが、2~3日前に突然Hotmailのアカウントだけ
受信エラーが起こるようになって、メールサーバーの障害でもあるんだろうか思っていたら
元々今年6月辺りからHotmailの仕様変更で、以前のプロトコルだと受信できなくなるから
新しいメーラー使うか捨てるかどうにかしろって言う話らしい。

順次変更なので6月くらいの段階だとまだウチのアカウントは変更されていなかったけど
つい最近それが遂に変更されて、今までの送受信設定だと受信できなくなったらしい。

とは言え、メーラー変えるにしてもWindows10のメールソフトはどんなアカウント追加しても
スタート画面から次に行かないし、その問題を調べて一度メール入れ直しても直らないから使いたくないし
Outlookは2007以降持ってない上に、そもそもOutlookはメールソフト単体としては使いづらいので
やっぱりWindows Liveメールが一番使いやすいから、Liveメールのままでどうにかしたいのである。

パソコンやハードのことWindows10

ウチの環境ではWindows7から10にアップグレードしたので、
規定のアプリもそのまま引き継がれていたから気付かなかったんだけども
どうやらWindows10を新規インストールするとタイトルにもある
「Windowsフォトビューアー」が使えなくなっているらしい。
具体的には画像ファイルをプレビューしようとすると、
Windows10標準のアプリである「フォト」が起動してしまうのである。
ぶっちゃけこの標準アプリはスマホアプリを意識した感じでとても使いづらいのである。

なので画像ファイルを開く規定のアプリを変更すればいいのだが
画像ファイル右クリックからの「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」を選んでも
一覧の中に「Windowsフォトビューアー」が居ないのである。どこ行った。

実体はどこなのか

WindowsVista辺りから居なくなった「サウンドレコーダー」みたいに
プログラムそのものが無くなってたらどうしようもないのだが
実際はWindows10を新規インストールした環境でも
C:\Program Files\Windows Photo Viewer\の中にPhotoViewer.dllとしてしっかり残っているのである。

という訳でこいつをWindowsにヒモ付してやれば使えるようになるワケだ。

実践

ヒモ付用レジストリファイル

上記ファイルをダウンロードして適応すると、上の「別のプログラムを選択」を選んだ際に
「Windowsフォトビューアー」が一覧に列挙されるので、それを選択すれば
次回から画像ファイルはWindowsフォトビューアーで開くようになります。

たまに特殊な拡張子の画像ファイルが相変わらずフォトで開く場合があるけど、それも同様な方法で
フォトビューアーで開くようにすればおk。

逆にWindowsフォトビューアー止めてそろそろ「フォト」で開くようにしたい場合は
同様に右クリックメニューからの「プログラムから開く」で「フォト」を選択すれば次回からフォトで開くようになります。

因みに上記レジストリ内容はWindows7からアップグレードしても全く同じ内容です
一つだけ違い挙げれば
HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\printのキーに
“NeverDefault”=””
があるか無いかだけ。無くても変わらんけど。